[筋膜リリース:テニスボールを使った体のゆるめ方]オンラインワークショップ 10月30日 14時~ 詳細はこちらクリック

痛いときは安静に・・?その②

女性の方へ
日常生活が その人らしく
より快適になる為の
ヒント、
コンテンツをお届けしています。

こんばんわ!

 

パーソナルトレーナー 健康運動指導士 森貴代美です

昨日のブログでは
体に痛みがあるときでも
動くことは 安全であり

ポイントは

動いてみて その痛みが
自分にとって 許容範囲かどうか。
が大切であると言うことを 確認しました。

それでは 痛みがあるときに 

例えば どんな動きが 行いやすいか?🤔

腰痛編で考えてみましょう😉

膝倒し・・・少しずつ ゆらゆら膝を倒してみる。
大きく揺らすのではなく 少しずつ揺らしてみる。
どこまでが 自分にとって痛みの許容範囲か確認しながら・・


片方の脚を抱えてみる。大丈夫なら
脚を伸ばしていってみる。

腹筋の運動

 

いかがでしょう?
上記は 腰痛で辛いときにも 動きやすいものになります。

鋭い痛みや 腫れがあるなどの症状が無いならば

痛みがあっても 動いてOK。
動きましょう!
膝痛も 肩の痛みであっても 同じように
考えることが出来ます。

動くことで 関節や筋肉が元気になっていき
改善へと繋がっていきます。

 

 

どんな運動がいい?😄どの程度がOKなの?という あなた。
サポートいたします! お声がけください。

今日も 最後まで お読みいただきありがとうござました。

明日も 良い一日となりますように♪

【無料】おやすみ前の12分間ストレッチ集

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

女性トレーナーによる女性のための整体とマンツーマン運動教室のお店 M&K.コンディショニングを運営しています、森貴代美と申します。

これまで 大手フィットネスクラブに勤務させて頂きマンツーマンで運動指導(パーソナルトレーニング)や健康運動指導士として市委託事業健康教室を担当させて頂きました。

また、バランスボールを使ったスタジオレッスンを担当させて頂く中、エクササイズには整体の理論が含まれていました。

なのので、仕事の傍ら 整体手技を学び、スタジオレッスンがより充実したものとなるよう励んでまいりました。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる