女性の方へ
日常生活が
その人らしく
より快適になる為の
ヒント、
コンテンツをお届けしています。

 

こんばんわ!

パーソナルトレーナー 健康運動指導士 森貴代美です

今日 整体を受けていただいたお客様より 

こんなお話をいただきました。

「今までは,腰が痛くなったら
痛みが治まるまで 動いちゃいけないって思っていたの。
でも ここのマンツーマン運動教室で
腰痛いときにやる運動を教えてもらって
痛いときに動くことが大事って知ったの。
あ~ 痛いな~って時に
その運動すると楽になるもの~。」

とても うれしいお言葉でした。

そして とても 大切な事✨

体に痛みがでたときに 安静にすると・・・

体の中では何がおこるか❓

体は 固まっていきやすい・・


その場所の筋肉や関節が 固まると
その分 ほかの場所が
頑張らくてはいけなくなり
負担がかかってしまう💦

日頃の活動量が減っていってしまう・・

では どうしたら よいでしょう?

痛みがあっても
動くこと(運動)は安全であると言うこと。

ポイントは
動いてみて その痛みが
自分にとって 許容範囲かどうか。

痛みのマックスが10であるとするなら
4~5ぐらいまでは許容範囲になるのではないでしょうか?

許容範囲であれば おこなってみます。
いつもと違う鋭い痛みであったり
腫れがあったりしたら動くこと(運動)は控え
Drに相談する事が必要でしょう。

では 例えば具体的には痛みがあるときの運動って
どんな 運動ができるでしょうか?

長くなって きましたので
あした 見ていきたいと思います♪

今日も 最後まで お読みいただき
ありがとうございました。

明日も 良い一日となりますように♪