【開脚できる為に体操すると!】柔軟性UPの他にもこんなメリットが(^^)

開脚
はなさん

開脚ストレッチしている動画とか
見ますけど いいですね。
私は 体硬いので できないんです・・

もり

コツコツやって行くと できるように
体って変りますよ!
私も30代まで硬かったのですが
少しづつ変ってきています。

はなさん

そうねんですね~。

もり

あと 開脚できるための体操していくと
体が柔らかくなるというほかにもメリットがあります。

はなさん

そうなんですか?
きになります!

もり

見ていきましょう。

開脚が出来るようになるために

体操をしていくと体が柔らかくなるのはもちろんですが

そのほかに意外なメリットがありますと言うことについて、見ていきたいと思います(^^)

目次

お料理の「さしすせそ」のように・・・

今「開脚が出来る様になるための体操」と 

お伝えしたのですが 無理なストレッチなどせず

開脚が出来る様になりたいと言ったとき 

 体操の順番が大切と考えています。

お料理に「さしすせそ」があるイメージです(^^)  

開脚ができるようになっていく道中では 

胴体をどのように使って行くかということを確認したり 

胴体の動きをよくしていくことが

はじめの段階で大切です。

内ももなどの柔軟性ももちろん大切ですが 

胴体は お料理でいう「さ」の順番といってもいいでしょう(^^)

 足開くのに 胴体? と疑問に思われたかもしれませんね。

開脚のときは 骨盤をたてた状態で 体を前に倒していきますが 

そのとき 胴体の筋肉は す~と頭の方に伸びる動き必要なんですね。

胴体がまるく縮む方向に力がつかわれると 

体を前に倒していくことが難しくなります。

体って繋がっているんですね(^^)

胴体のストレッチ意外なメリット

そのこともあり 

頭の方に伸びるって

どんな感じというイメージをつかみながらおこなうのが

この様なストレッチです。

  写真を見て頂くと 肘がのびていますね

これ結構ポイントでして、 

頭の方に体が伸びるイメージを持つためと 

骨盤と肋骨に繋がっている 筋肉を伸ばすために  

こうして肘をのばしたままストレッチしていきます。。 

指先が遠くに伸びていく感じです。  

このときに 骨盤は たてた状態でおこなっていきます。 

ですので ストレッチなのに脱力していないんですね(^^)

同じストレッチ・でも、ポジションが違うだけで・・

もう少し確認してみますと・・・ 

このストレッチ 座って行うのと

 立って行うのとでは 

座って行う方が 体にとって 

トレーニングの要素が入ってくるんです。  

立って行うと 

足の力とかがつかえます。

体の自然な反応で使われているんですね。 

ところが、座って行うと 肘伸ばして 

体を上の方に伸ばしていきますから、

 体が倒れないように 維持しなくちゃいけない 足の力は使えない・・ などがあって

 結構 体のいろんなところが頑張ることになるんです。 

 立った状態と 座った状態 是非それぞれ やってみてください。 

 座ったときの方がかなり胴体って頑張っている!?筋トレみたいだ~ということが体感して頂けると思います(^^) 

はじめは 座った姿勢でこのストレッチすると キツくかんじるかもしれません。

 慣れてくると筋トレなのに 伸びていてきもちよい~といった感じになってきます。

 

まとめ

開脚が出来るようになるために体操をしていくと

 意外なメリットがあります。

それは・・・ お腹背中(体幹といったりします)のトレーニングになっている⇒姿勢改善・腰痛改善予防などに繋がる・・  となってきます(^^)

【無料】筋膜リリース・たった一つのテニスボでからだ全体をゆるめる方法

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

女性トレーナーによる女性のための整体とマンツーマン運動教室のお店 M&K.コンディショニングを運営しています、森貴代美と申します。

これまで 大手フィットネスクラブに勤務させて頂きマンツーマンで運動指導(パーソナルトレーニング)や健康運動指導士として市委託事業健康教室を担当させて頂きました。

また、バランスボールを使ったスタジオレッスンを担当させて頂く中、エクササイズには整体の理論が含まれていました。

なのので、仕事の傍ら 整体手技を学び、スタジオレッスンがより充実したものとなるよう励んでまいりました。

目次