疲れにくい体づくりスタートアップオンラインセミナー開催!! お申込み期限10月1日まで 詳細はこちらをクリック

【初心者必見!】バランスボールに座って脚の付け根をストレッチする方法とは?

★大きなバランスボールはじめて使うけど どんな風に使うの?
★バランスボールって 手足離すイメージがあるけど・・・
★脚の付け根をほぐしたいけど 何かいい方法はないかな~?
★運動苦手な私だけど バランスボールって私にあうかな~?

そんな 想い 疑問にお答えします。

目次

バランスボールはシンプルに使う事が一番!

【バランスボールに座る】

【バランスボールに座る】

バランスボールを使ってエクササイズをするときに これってとても大切だと思うので
2回かきました😄

えっ?

それだけ!?

とツッコミが来そうです。

テレビなどでバランスボールが映ると

足を床から動かしたり
ボールの上に乗ったりする姿が見れるので
そのように使うものだと思われがちですが

シンプルにボールの上に座ると言う事は
実はすごいことなのです。

ボールに座っている最中、
私たちには見えない微妙な揺れが体には続いており

体のいろんな筋肉が
働いてるから不安定なボールの上に私たちは座ることができています。

詳しくはこちらのブログに書いてあるので
まだご覧になっていない方はご覧ください。

今日はバランスボールに座り

足の付け根「股関節」と言うところをほぐしていくエクササイズについて見ていきましょう。

いたってシンプルなので

安心して読みすすめてください。

股関節ってどうなっているの?

まず股関節と言うところがどのようになっているのか

イメージをつけていきましょう。

イメージ大事です!

「こんな風にうごいているんだな~」

「こんな風に動くんだね~」と 

イメージを体に届けながら体を動かす事で
明らかに体への効果は変わりますので。

きっちりなイメージじゃなくていいんです。

おおよそ こんなかんじね~ です。

骨盤の下の床に穴ぼこが2つ入っている

ソケットのようになっています。

そこに腿の骨の端っこ球体が
入っています。

ちょうどお椀にテニスボールが入っている感じと言われたりします

この球体の骨がお椀ようなソケットの中で

転がるので

私たちは 脚の付け根から捻る事が出来たりします。

動画では
股関節のイメージと具体的な運動方法についてご案内をしています。

ボールの上に座って足の付け根を動かそう!

ボールに座り

ボールを前後に揺らしてみます

前後に動くと

足の付け根股関節は

球体がお椀のような形のソケットの中でコロンと動き始めます。

細かな筋肉が協力しあって動いているのですね

ゆっくり繰り返し動くことになるので
股関節周辺の血流が良くなり
股関節周辺の筋肉は ほぐれてきます。

足幅をワイドにしてみます。

足幅ワイドスタンスにすることで

腿の内側のストレッチ感が高まるのが感じられます。

左右にボールを

ゆっくり動かす事で 動きながらのストレッチ出来ます。

肩入れて ジーとしばらく待つストレッチも出来ます。じんわり徐々に 筋が伸びてくる感覚があります。

このように

優しくボールを動かしながらストレッチをしていくことも

じーっと待ってストレッチをすることも

どちらもストレッチもできることが
このバランスボールの良さだと思います。

・座る

・ボールを揺らしてみる

・足幅を変えてみる

このようにすることで

様々な角度から

小さな筋肉まで目覚めさせることが出来るのが

バランスボールです。

もしかしたら 寝ているかも知れない筋肉たちも

目覚めてくれるのです。

そうすれば さらに体が動き易くなる!ということが
イメージできますね。

まとめ

ボールに椅子のように座り 前後に動かしてみるだけで

股関節は動いています。

小さな筋肉がほぐれてきます。

座る、脚幅を変えてみる、体を前にちょっと傾けてみる 

ちょっとずつ変えることで

小さな筋も目覚めます。

【無料】メルマガ登録はこちらから!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

女性トレーナーによる女性のための整体とマンツーマン運動教室のお店 M&K.コンディショニングを運営しています、森貴代美と申します。

これまで 大手フィットネスクラブに勤務させて頂きマンツーマンで運動指導(パーソナルトレーニング)や健康運動指導士として市委託事業健康教室を担当させて頂きました。

また、バランスボールを使ったスタジオレッスンを担当させて頂く中、エクササイズには整体の理論が含まれていました。

なのので、仕事の傍ら 整体手技を学び、スタジオレッスンがより充実したものとなるよう励んでまいりました。

目次
閉じる