痛みとストレス

女性の方へ日常生活が
その人らしく
より快適になる為の
ヒント、
コンテンツをお届けしています。

体の痛みとストレスの関係。

あなたはどのくらい信じますか?

私はある経験があるまでは、
体の痛みとストレスがそれほど関連しているとは
思っていませんでした。

でも

ある経験が
体の痛みとストレスの関係について
私を学ばしてくれました。

そんな過去をちょっと
書きたいと思います。

5年ほど前になるでしょうか。
ある仕事をいただき、
私にとっては
できるかどうか不安な内容でありました。

その仕事は2年間の仕事。
周りの方々は、
ほぼ50代~70代の男性の大先輩約50名。

その時は気づきもしませんでしたが
その時期あたりからか
いつの間にか
夜間に背中が痛くて
毎日夜中に目が覚める日が続きました。

夜中に痛みで目が覚め

ストレッチして

また 寝る日々。


初めは 背中が痛くなるようなことしたかな~?
と考えていましたが、

1ヶ月 2ヶ月過ぎ・・・
もうこのまま一生そうなのかなぁと
不安になりました。

内臓関係かな?と
内科に相談するも 異常なし。


寝る前にしっかりストレッチをして寝ると
少しは軽くなりましたが・・・。

さて

2年後その仕事が終わった日の夜 

忘れもしません。

夜中に一度も起きず!
次の日背中の痛みがない!!

???

この時に気づきました。

自分にとってどれほどこの仕事のことを重圧と感じていたのかを。

この体験からストレスと痛みは
とても関係があるということを学びました。

体に痛みとして現れるものは
いろんな要素が絡み合って
痛みとして出ると言われていますが、

ストレスが これほど影響するとは驚きでした。

まぁこの経験から
この先、同じような仕事を頂いたとしたら
動じないのかなともいます。

先が見えず 不安であるが為にストレスになっていたので
先がみえていれば同じ仕事でも
ストレスにはならないと。

このお仕事で
自分も成長で来たと
思うので
良かったなと思います。

今だからいえるんですけど・笑

その時は 必死

筋力をつける時に
ある程度の
負荷が必要ですが
自分を成長させるにも
負荷は 必要なので。

ま~ でも つらかったな~・笑

さて 話は飛びましたが・・・

あなたが これから先
もし
痛みを感じる事が起こったとき

(無いに超したことはないのですが・・)

今ストレスが自分にどのくらいあるのか
なかなか分析するのは難しいですが
(渦中にいればなおさらです)

そういえば


M&Kの森の痛みは ストレスも原因だったらしい・・
なんてことを例に 頭の片隅に
置いておいて頂くと

痛みをいろんな方向から考える点について
お役に立つこともあるかもしれません。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

明日もいい日になりますように♪

【無料】メルマガ登録はこちらから!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

女性トレーナーによる女性のための整体とマンツーマン運動教室のお店 M&K.コンディショニングを運営しています、森貴代美と申します。

これまで 大手フィットネスクラブに勤務させて頂きマンツーマンで運動指導(パーソナルトレーニング)や健康運動指導士として市委託事業健康教室を担当させて頂きました。

また、バランスボールを使ったスタジオレッスンを担当させて頂く中、エクササイズには整体の理論が含まれていました。

なのので、仕事の傍ら 整体手技を学び、スタジオレッスンがより充実したものとなるよう励んでまいりました。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる