疲れにくい体づくりスタートアップオンラインセミナー開催!! お申込み期限10月1日まで 詳細はこちらをクリック

肩こり解消に役立つ腕振り運動|バリエーションを加えるとお腹や背中(体幹)にも効果的!

腕振り運動を行ったことありますか?

肘90度位にして両腕を後ろに振っていく運動です。

目次

腕振り運動はお手軽な運動であり、肩の調子を整えることができる運動

肩こりを解消して改善していきたいなといったとき
肩の調子を整えていきたいといったときに
手軽にできるお勧めの運動です。

さてこの運動にバリエーションを加えることで
手足除いた部分(体幹)の運動になったり
脚の運動にもなったりします。

腕振りを効果的にするためちょっとしたポイント

バリエーションをはじめる前に、腕振り運動の効果を最大限にするために
手を工夫していきましょう。

右写真のように
小指 薬指を適度に握っておきます。

他の指は開きぎみにしておきましょう。
このようにすることで 背中にある肩甲骨がいい感じに動くんですね!

腕振り運動のバリエーションをご紹介

どんなバリエーションができるか見ていきましょう。

その1  足幅腰幅で腕振り

これはシンプルですね♪
肘を90度にして 肘を後ろに引くようにイメージして 腕振りをしていきます。

その2 足を閉じて腕振り

脚を閉じて腕振りをすると体がフラフラしやすくなります。
と言うことは バランスを取ろうと
お腹や背中がはたらいていますよ!

その3 足を前後に開いて腕振り

足を前後にして
前足のほうに重心を移動させ後ろの脚は踵を浮かせておきます

これで腕を振ってみましょう

こちらも足を前後に開くことでフラフラしやすいのでそれを手足除いた部分(体幹)がバランス取るためにしっかり働いていますね!

また前足のほうに重心が乗ることで 前脚の筋やお尻が元気に働く効果がプラスされてます♪

その4 後ろの脚を浮かせて腕振り

これはチャレンジとなるでしょう!

足を前後に開いた床から後ろの足を浮かせてみます。

つまり片足立ちで腕振りをしていることになりますこれはちょっとチャレンジングですね😉

無理なくマイペースで!

その5 交互に腕振り

今度は交互に腕を振ってみましょう

交互に腕を振ることで体の中の筋肉の使い方がこれまた変わってきます。

その6 脚を閉じて交互に腕振り

足を閉じて交互に腕振りをしてみましょう。
お腹や背中がバランス取ろうとしっかり働いていますよ♪

その7 足を前後に開いて交互に腕振り

足を前後にして
前足のほうに重心を移動させ後ろの脚は踵を浮かせておきます。

腕を交互に振ります。

その8 片足立に交互に腕振り

脚を前後に開いたら、床から後ろの足を浮かせてみます。

腕を前後に振ります。
かなりチャレンジな動きです。

不安定な運動なので 無理なく体と相談しながら!

※チャレンジな動作も ありますので ご自分のペースで無理なく行なってくださいね。

いかがでしたか?
何を目的にするかで いろんな動きが出来ます。
一つの運動に ちょとスパイスをいれる感じですね。
お試し頂ければ幸いです。

以下 動画で解説しています。

【無料】メルマガ登録はこちらから!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

女性トレーナーによる女性のための整体とマンツーマン運動教室のお店 M&K.コンディショニングを運営しています、森貴代美と申します。

これまで 大手フィットネスクラブに勤務させて頂きマンツーマンで運動指導(パーソナルトレーニング)や健康運動指導士として市委託事業健康教室を担当させて頂きました。

また、バランスボールを使ったスタジオレッスンを担当させて頂く中、エクササイズには整体の理論が含まれていました。

なのので、仕事の傍ら 整体手技を学び、スタジオレッスンがより充実したものとなるよう励んでまいりました。

目次
閉じる