疲れにくい体づくりスタートアップオンラインセミナー開催!! お申込み期限10月1日まで 詳細はこちらをクリック

腰痛予防改善|お尻の筋肉をほぐしましょう!便利グッズはこれ!


腰が重い、腰に張りがあると言ったときに

お尻の筋肉をほぐしてあげると

腰の重さや張りが軽減することが期待できます。

目次

腰痛予防・改善にお尻の筋肉の状態は改善のカギ

整体をさせて頂く際にも

腰痛でお困りの場合

お体を確認していくと

この臀部の調子を整える事が

非常に大切であるケースが多いです。

臀部の調子と言うのは

言い換えると

股関節がどのような調子かな?

ということにつながってきます。

股関節

お尻の筋肉と股関節の関係

股関節は大きく分けて

6方向に動きますが

動きが悪い方向がある場合

その方向の動きをよりよくする事で

腰への負担が減る事が期待出来ます。

股関節の動きが良くなることで

腰痛予防改善の対策につながっていくのですね。

股関節の動きをよくするために

お尻の筋をいい感じにしていく事が大切です。

固くなっている筋は

ほぐしてあげる

眠っている筋は起

こしてあげるような運動をしていきます。

体は全部つながっているのですね。

お尻の筋をほぐす その1つのとして

仰向けになりながら

手軽にできる方法をご一緒に確認をしていきましょう

かなり即効性があると思いまよ😉

テニスボールを使って お尻の筋をほぐそう

①仰向けになり 腰骨の少し下 お尻のえくぼあたりにテニスボールを置き
手で動かないようにしておきます。

テニスボールを当てるところ

②両膝を倒して行きます。

体の下にテニスボールがあり
体の重さが加わる事で お尻に適度な
圧迫が生れます。

いた気持ちが良い程度に 圧を加えます。

② 膝を元に戻します。

再び膝を同じ方向にたおします。

20~30回程度倒していきましょう。

反対側も同様に行います。

ほぐした後は じっくりストレッチ♪

テニスボールでほぐしたら 

その後

じっくり伸ばしてあげるとより効果的です。

①仰向けになり 両膝をたてます。
片方の脚の外くるぶしを 反対の脚の
腿の上にのせ 数字の4の字のようにします。

②①のポジションが出来たら
胸の方に抱えて行きます。

40秒ほど伸ばして行きます。

まとめ

腰が重い、腰に張りがあると言ったときに

お尻の筋肉をほぐしてあげましょう。

使う物はテニスボールがおすすめ

そして

出来れば そのあとに時間をかけてストレッチが効果的♪


以下 動画で詳しく解説しています。

【無料】メルマガ登録はこちらから!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

女性トレーナーによる女性のための整体とマンツーマン運動教室のお店 M&K.コンディショニングを運営しています、森貴代美と申します。

これまで 大手フィットネスクラブに勤務させて頂きマンツーマンで運動指導(パーソナルトレーニング)や健康運動指導士として市委託事業健康教室を担当させて頂きました。

また、バランスボールを使ったスタジオレッスンを担当させて頂く中、エクササイズには整体の理論が含まれていました。

なのので、仕事の傍ら 整体手技を学び、スタジオレッスンがより充実したものとなるよう励んでまいりました。

目次
閉じる