[筋膜リリース:テニスボールを使った体のゆるめ方]オンラインワークショップ 10月30日 14時~ 詳細はこちらクリック

背骨一つ一つの動きをよくして 背中を柔らかくしていこう!

このブログでは

背骨の動きについて

何度か確認をしてきました。

目次

背骨は一つ一つがいい感じに動くことが大切♪

背骨の動きはとても大切な部分であると考えています。

背骨は24個の「椎骨」と言う骨が積み木のように積み重なっています

その椎骨と椎骨は関節でつながっています。

椎間関節と言ったりします。

赤い○の部分が椎間関節です(*^_^*)

一つ一つの背骨がしなやかに動く♪

イメージは真珠のネックレスが

一つ一つ真珠が動くようにようなイメージ

背骨の動きが良くなると

ある特定の部分だけがんばらなくても良い体になります。

バランス良い体です!

呼吸もよりしやすくなります。
(私たちは常 あまり意識しませんが 日常の呼吸が浅くなりやすいのですね。
これについては また 改めて😉

後ろを振り向くときにも 背骨は捻る動きが使われています。

どこか固くなっているところがあると

その分 他のところが頑張らなくてはいけません。

しなやかに動く背骨であれば、固定したいときには固定ができる。

そして

しなやかに動かしたいときは動かし、

固定したいときには固定が出来る体。

しなやかに動く背骨であれば 

固定したいときには 固定ができる。

動きにくい背骨は 固定は出来ても 

しなやかに動くとこは難しいですね。

例えば重いものを持ち上げるときには

お腹や背中などに適度な緊張が入り

背骨がまっすぐのまま固定したまま

股関節の動きや膝関節・足首の動きが

よく使われることで

腰あたりの負担は軽減できます。

背骨が

必要な時に必要な動きが出来るように

背骨の動きを大切にしていきましょう。

今日は横向きで行う背骨の運動をご紹介します。

はじめは反対側に手がつかないという方も

やっていると徐々に変わっていく

体が柔らかくなっていく

自分でやった分だけ

変換がわかりやすいエクササイズであると思います。

当店をご利用頂いているお客様からだも 

手が床につくようになってきたと

ご感想もしばしば頂きます。

そして

このような動きをするときには

呼吸をゆったりとしていくことが大切です

背中に空気が入っているいくような感じと言ってもいいかもしれません。

呼吸は体を柔らかくします

それでは エクササイズを確認をしていきましょう。

横向きで行う背骨一つ一つを元気にしていくエクササイズ

①横向きで寝ます。

両膝そろえお膝を軽く曲げておきましょう。

②両方の肩を結んだ線が 床と垂直になるして 腕を伸ばし手を合わせます。

②手を天井の方に移動

天井通過して 反対側に移動させて行きます。

その時 視線は指先をおっていきましょう。

行けるところまで行ったら一呼吸おきます。呼吸ゆったりと。

脚は動かないように常に固定しておきましょう。

ゆっくり元に戻ってきます。

左右5回程

まとめ

背骨一つ一つがしなやかになるための

エクササイズを 日ごろに取り入れてみませんか?

背骨のしなやかさが増すと

必要な時にはしなやかに動き

固定した方が良いときは 固定が出来る。

必要な時に必要な動きが出来るようにする事で

体はより快適になって行きます。

【無料】おやすみ前の12分間ストレッチ集

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

女性トレーナーによる女性のための整体とマンツーマン運動教室のお店 M&K.コンディショニングを運営しています、森貴代美と申します。

これまで 大手フィットネスクラブに勤務させて頂きマンツーマンで運動指導(パーソナルトレーニング)や健康運動指導士として市委託事業健康教室を担当させて頂きました。

また、バランスボールを使ったスタジオレッスンを担当させて頂く中、エクササイズには整体の理論が含まれていました。

なのので、仕事の傍ら 整体手技を学び、スタジオレッスンがより充実したものとなるよう励んでまいりました。

目次
閉じる