整体&セルフケア運動トライアルセッション ~令和3年12月11日まで 詳細はこちらクリック

第2の心臓 | ふくらはぎのストレッチをするときの3つのポイントとは?

★デスクワークで脚がむくむ
★脚の冷えが気になる
★脚の疲れが取れない
★腰痛を改善したい

このような想いにお役に立ちます。

目次

ふくらはぎは第2の心臓と言われます。

とても大切なところです。

「夕方になると脚のむくみがひどくて・・」

デスクワークが多い方からよくお話を聞きます。

脚のむくみを改善していく為に 

このふくらはぎの筋肉が 元気にポンプ作用を果たしてくれることが大切です。

脚の方に降りていった血液 リンパ液を

体の上の方に戻すために活躍してくれるのが ふくらはぎの筋肉。

腰痛改善にも 腰痛があるときふくらはぎが硬い?

腰痛改善にも大切です。

腰痛がある場合 この筋が固い場合が多いです。

体は 繋がっていますね。

腰痛のお悩みで当店で整体をお受けになり

施術後 腰痛が軽くなると

ふくらはぎの状態を確認すると緩んでいることが確認出来ます。
(100%ではありませんが 大きな割合で)

脚の重だるさを解消する為にも大切です。

脚の疲れをとるためにも ふくらはぎをケアする事は大切です。

こちらも整体で ふくらはぎを緩める事で 

施術後 脚が軽いとおっしゃる方がたくさんおられます。
(こちら 多くの方が実感されます)

ご自分でできるケア ふくらはぎのストレッチ

ふくらはぎをストレッチしていきましょう。

ふくらはぎのストレッチをしていくときに

3つのポイントを意識しておこなうことで

ふくらはぎをより良い状態にし

むくみ 冷え改善へ 腰痛改善へ そして脚の軽さを手に入れましょう。

3つのポイント

ストレッチする筋肉は

腓腹筋という筋肉です。

ふくらはぎには 

腓腹筋と、ヒラメ筋

という筋肉がありますが

今回は腓腹筋に注目していきます。

腓腹筋

動画では 細かなポイントをご案内しています。

【無料】おやすみ前の12分間ストレッチ集

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

女性トレーナーによる女性のための整体とマンツーマン運動教室のお店 M&K.コンディショニングを運営しています、森貴代美と申します。

これまで 大手フィットネスクラブに勤務させて頂きマンツーマンで運動指導(パーソナルトレーニング)や健康運動指導士として市委託事業健康教室を担当させて頂きました。

また、バランスボールを使ったスタジオレッスンを担当させて頂く中、エクササイズには整体の理論が含まれていました。

なのので、仕事の傍ら 整体手技を学び、スタジオレッスンがより充実したものとなるよう励んでまいりました。

目次
閉じる