[筋膜リリース:テニスボールを使った体のゆるめ方]オンラインワークショップ 10月30日 14時~ 詳細はこちらクリック

「このやり方・ポジションで良い?」スクワットするときに迷ったら確認する方法とは?

★スクワットって膝がつま先より前に出てはいけない?
★スクワットの正しいやり方は?
★私のスクワットやり方合ってるかなあ?

スクワットってどのようにやったらいいのかわからない  あっているのか不安というお困り事に お役に立つ記事です。

目次

結論:椅子を使うことで、スクワットが正しい方法で出来ます。

スクワットは椅子の立ち座りです

言い換えますと、

スクワットは椅子の立ち座りで椅子がない状態と言うことができます。

「膝がつま先より前に出てはいけないんでしょう?」

とよくご質問を頂きます。

椅子を使うと その心配をなくす事が出来ます。

さっそく行ってみましょう!

①椅子の前に立ちます。

ここでは 脚幅は 肩幅 腰幅程度にしてみます。

つま先やや外に向け 膝もつま先方向に向けておきます。

つま先やや外向き。
つま先と膝の方向は一緒で!

②ゆっくり座ります。

椅子が本当にあるかどうか分からないのでゆっくり腰を後ろに引いて落としてみる」といったイメージです。

③椅子に座ります。

そうしましたら
③⇒②⇒①と戻していきます。

椅子が無いとこんな感じ

一緒ですね。

椅子があるか 無いか・・・だけです。

椅子の立ち座り
椅子を前にして実際あるようにイメージするとこうなります。スクワットの完成です。

ですので スクワットは椅子の立ち座りで 椅子があるか無いかだけということになります。

膝は出てはいけないの?

これは スクワットの深さによります。

ご紹介した椅子の立ち座りの高さのスクワットでは

膝はつま先より出ていませんね。(自然に)

でも もっと深いスクワットになると

膝は自然に出ます。

深い椅子に座ると自然に膝はつま先より出ます。
深いスクワットは自然に膝はつま先より前に出るのですね。
このくらいの高さの椅子の立ち座りは自然に膝はつま先より後ろにあります。
浅いスクワットは自然に膝はつま先より後ろになるのですね。

この自然にどうなるか?ということがポイントです。

スクワット正しい方法を確認したいなと言ったとき

膝の事を考え過ぎますと 体はどうなる?とか迷ってしまうと思うのです。

椅子を使って確認しますと

膝は自然にひつような角度動きますので 安心です。

確認が取れたら 椅子無しで行うといいと思います。

当店のマンツーマン運動教室でも こちらはいつも使いますよ。

そして 皆さん「日ごろに使える」いい感じのスクワットになっていらっしゃいます。

動画では 椅子の立ち座りのスピード 細かなポイント確認出来ますので 是非ご覧ください。

【無料】おやすみ前の12分間ストレッチ集

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

女性トレーナーによる女性のための整体とマンツーマン運動教室のお店 M&K.コンディショニングを運営しています、森貴代美と申します。

これまで 大手フィットネスクラブに勤務させて頂きマンツーマンで運動指導(パーソナルトレーニング)や健康運動指導士として市委託事業健康教室を担当させて頂きました。

また、バランスボールを使ったスタジオレッスンを担当させて頂く中、エクササイズには整体の理論が含まれていました。

なのので、仕事の傍ら 整体手技を学び、スタジオレッスンがより充実したものとなるよう励んでまいりました。

目次
閉じる