整体&セルフケア運動トライアルセッション ~令和3年12月11日まで 詳細はこちらクリック

初心者も安心!脚幅を広くしたスクワットのやり方とそのメリット

★これから筋トレをしてみたいけど スクワットって実際どうやるの?
★スクワットのやり方は合っている?
★脚幅広いスクワット(ワイドスタンススクワット)は 普通のスクワットと何が違うの?

そんな疑問にお役に立ちます。

脚幅をいつものスクワットの2倍ぐらいの幅にして行うスクワットを

ワイドスクワットと言ったりします。

前回のブログでは

脚幅を肩幅~腰幅にしたスクワットを確認をしました。
通常の普段紹介されるスクワットですね。

まだこちらのスクワットを確認するのはこれからだよ 

という方は

ぜひご覧くださいね。

今回は脚幅を広くしたスタンスでスクワットを行っていきます。

目次

ワイドスタンスのスクワットをしよう

それでは さっそく行って見ましょう。

①脚幅を肩幅の2倍程度に開いて
椅子に座りましょう。

つま先はやや外側 膝はつま先と同じ方向に向けておきます。

②体をまっすぐを意識して
立ち上がります。

脚の付け根が気持ちよく伸びていることと同時に お尻がきゅっと適度な力が入っている事を確認しましょう。

③椅子があるかな~ どうかな~と
探るように ゆっくり座ります。

その際 体をまっすぐ落としていくイメージで・。

☝気をつけて行きたいところ

立ち上がる時 座るときに

膝が内側に入っていないか
確認をしましょう。

常に つま先と膝は同じ方向で

立ち上がる時 座るときに膝が中に入らないようにします。

ポイントは3つ

ポイントは2つ

☝つま先と膝は常に同じ方向に向けておくこと

☝椅子があるかな~と探るようなイメージでゆっくりと腰を下ろすこと

☝上体はできるだけ まっすぐで

今回は椅子に一回ずつ座る動きのスクワットをおこないましたが

慣れてきたら椅子にちょっと触れたら立ち上がると言う動作に変えていくといいと思います。

そして さらに慣れてきたら 椅子無しで 同じ動きをしてみます。

【無料】おやすみ前の12分間ストレッチ集

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

女性トレーナーによる女性のための整体とマンツーマン運動教室のお店 M&K.コンディショニングを運営しています、森貴代美と申します。

これまで 大手フィットネスクラブに勤務させて頂きマンツーマンで運動指導(パーソナルトレーニング)や健康運動指導士として市委託事業健康教室を担当させて頂きました。

また、バランスボールを使ったスタジオレッスンを担当させて頂く中、エクササイズには整体の理論が含まれていました。

なのので、仕事の傍ら 整体手技を学び、スタジオレッスンがより充実したものとなるよう励んでまいりました。

目次
閉じる