【知らないと損する!】肩の上げ下げ運動のポイント

はなさん

最近寒いからか
肩がこる事が気になります。

もり

体に力がはいりますね

はなさん

肩上げ下げ運動したりはしています。

もり

それは いいですね!

もり

肩上げ下げ運動のときに 
ちょっとポイントを意識するだけで
効果がちがうのでやってみましょうか。

はなさん

はい!

肩の上げ下げ運動で 

・肩をしっかりあげているんだけど あまり上がらなあい(上がっている感じがしない)

・効果的に肩こりを改善予防したい

といったときにお役に立ちます。

目次

肩上げ下げ運動は 肩こり予防改善に効果的♪

肩こりは 筋肉が動かないことが続き 血行がよくなくなり 肩こりを感じます。

筋肉は 動く事で快適なように出来ているのですね。

肩上げ下げ運動がなぜ? 肩こり予防に効果的かということをまとめますと・・

  • ぐっと力を入れた後は 筋肉は緩みやすい
  • 筋肉を縮める 戻すを繰りかえすことで 血行が良くなる。栄養が行き届く。疲労物質は流れる
  • 腕の重さは約3㎏😲 いつも首回りの筋肉は3㎏を持ち続けてくれています。なので もちつづける力を つければ 筋肉が疲れにくくなる⇒肩こりと感じなくなる

こんな効果があります。

肩上げ下げ運動をしてみましょう

①腕は体の横 自然にしておきます。

②その姿勢から首が肩に埋もれるように肩をすくめます。

③最大限すくめたら1秒止めて ゆっくりもとに戻します。

あげたときにしっかり一度とまることポイントですよ!

10回~20回繰り返します。

首が隠れるぐらい肩をあげていきましょう。

ここは押さえておきたい! 肩上げ下げ運動のポイント

シンプルな肩上げ下げ運動ですが

一つだけ抑えておきたいポイントがあります!

せっかく行う運動なので

しっかり効果が出るよう ここ押さえておきましょう(^^)

それは・・・

肩上げ下げ運動のときに腕も動いていないかどうか?

肩をあげるときに 肘が写真のように曲がっていないか確認しましょう☝

肩を上げるときに
肘が曲がらないようにしましょう。

なぜ 肘が曲がらないほうがいいの?

肘を曲げて 肩を上げると 肩が上がらず

代わりに

肘の曲げ伸ばしの運動に変わってしまうから・・・。

シンプルな運動ですが

上のポイントを押さえて行うことでさらに効果が上がりますので。

腕を気にせず出来る方法があります(^^)

肘が曲がっているかも・・・

また 肩を上げていくときに 体から腕が離れながらあげたくなる場合は

これからご案内する方法で 行っていただくと 

何も気にせず肩上げ下げ運動が出来ます。

①体の横に 腕は楽にしておきます。

②肩から腕を外側に捻りましょう。

手の平が外側にむくようにします。

②この状態で

肩の上げ下げ運動をします。

ググッとあげて

ゆっくり下ろす

を繰り返しましょう(^^)

まとめ

肩上げ下げ運動

肩こり予防改善の為に 何処でも行いやすい運動ですね。

ポイントは 肩を上げるときに肘が曲がっていないかな~と 確認する事。

曲げたくなるな~といったときは

腕を外側に回したまま 肩上げ下げをしてみてくださいね。

自然に肘を気にせず 上げ下げに集中出来ます(^^)

【無料】筋膜リリース・たった一つのテニスボでからだ全体をゆるめる方法

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

女性トレーナーによる女性のための整体とマンツーマン運動教室のお店 M&K.コンディショニングを運営しています、森貴代美と申します。

これまで 大手フィットネスクラブに勤務させて頂きマンツーマンで運動指導(パーソナルトレーニング)や健康運動指導士として市委託事業健康教室を担当させて頂きました。

また、バランスボールを使ったスタジオレッスンを担当させて頂く中、エクササイズには整体の理論が含まれていました。

なのので、仕事の傍ら 整体手技を学び、スタジオレッスンがより充実したものとなるよう励んでまいりました。

目次