〇〇〇〇から脚とイメージして歩こう!

はなさん

最近少し歩くようにしているんです。

もり

それは いいですね。

はなさん

ウォーキングの時のコツというか
意識した方がいい事ってありますか?

もり

ありますよ。
では 今すぐイメージだけでも
かえられる事があるので
ご一緒に確認していきましょう。

はなさん

はい!

目次

答え:

答え: みぞおちから脚とイメージして歩こう

歩くとき時に脚はどこから?

とイメージすることで
それだけで歩く時の歩幅も変わってきますし、歩く姿も変ります。

みぞおちから」脚ははえてると思って歩きます。

そうしますと

歩くときに後ろ足の部分の脚の付け根がきれいに伸ばされるので

歩幅が自然に広くなり

さらに

歩いているとき

体の軸も左右にブレにくくなります。

みぞおちから というのは

理由があります。

ちょっと お腹の奥にある筋肉をイメージしていきますね。

みぞおちあたりの背骨から始まり 

内ももまで繋がっている長い筋肉があります。

この筋肉 お腹の奥の方にあり

腸腰筋と呼ばれる筋肉です。

腸腰筋イラスト


この筋肉が歩くときには使われるているんですね。

ですので この大きな筋肉が

歩くときに しっかり活躍してくれるように

みぞおちから脚~とイメージしていきたいです。

まとめ

脚は みぞおちあたりから 脚~とイメージして歩いてみましょう。

私たちの脚は想像以上に長いです😄

開脚できる為のロードマップ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

女性トレーナーによる女性のための整体とマンツーマン運動教室のお店 M&K.コンディショニングを運営しています、森貴代美と申します。

これまで 大手フィットネスクラブに勤務させて頂きマンツーマンで運動指導(パーソナルトレーニング)や健康運動指導士として市委託事業健康教室を担当させて頂きました。

また、バランスボールを使ったスタジオレッスンを担当させて頂く中、エクササイズには整体の理論が含まれていました。

なのので、仕事の傍ら 整体手技を学び、スタジオレッスンがより充実したものとなるよう励んでまいりました。

目次
閉じる