~40歳以上女性の方へ~

体が軽くなれば 心も軽くなる♪
毎日がより快適になるための
ヒントをお届けしています。

答え: 肩回しを丁寧に行なうと肩甲骨の位置を整える事に繋がります。

自分の体を自分で整える力「整体力を」つけましょう!

いつも行う運動を丁寧に!丁寧に!することで細かい筋肉まで目覚めてきます。

今日 注目するところは 肩甲骨。

肩回しを行うと背中にある肩甲骨が動きます

小さな肩回しでは肩甲骨は少~しだけ動きます。

できるだけ大きくゆっくり肩回しを行うと肩甲骨はダイナミック動きます!

肩甲骨は関節の動きからみていくと6方向に動くと言われています。

この6方向に スムーズに動くことが大切です。

ゆっくりとした大きな肩回しは
この6方向に丁寧に動かす事が出来ます。

そうすると
肩回しをおこなった後、筋肉のバランスが整い、胸郭(背中側の肋骨の上で)で肩甲骨が良い位置にいるようになります。

肩甲骨の位置って?

後ろ姿から 肩甲骨をみてみましょう。

肋骨の上に 肩甲骨がのっていて 腕を動かす度に肋骨の上するする動くようになっています。その動く方向は 大きく分けて6つの方向なのですが・・。

写真のように 腕をおろしてジーとした姿勢のときの肩甲骨の位置は 写真のような感じ。

肩甲骨の位置を確認するには 色々目安があるのですが、

背骨と肩甲骨の距離はよく確認されることが多いです。

例えば、猫背ですと この肩甲骨の内側の縁(青いライン)と 背骨の距離(赤いやじるしの部分)が離れ、肩甲骨が 外側に移動している事が結構あります。

そうすると 腕の上がりが悪くなったり 痛みとして信号が送られたりする事があります。

なので 肩甲骨の位置が 良い位置にあることは とても大切です。


そして この肩甲骨の位置を整えてくれるのが 肩回しの運動です。

肩回しをして 肩甲骨の位置を整えよう!

それでは 肩回しをしてみましょう!

ポイントは ゆっくり 大きく回します。

肩の頭に指先触れておきます。

肘の軌道が遠くを通るように →

できるだけ大きく ゆっくり回して行きます。

シンプルな運動が 体を整えてくれます。
ぜひ お試しください。

今日も最後まで お読みいただきありがとうございました。