腕を真上まであげる

腕を真上に挙げる女性

女性の方へ
日常生活が その人らしく
より快適になる為のヒント、
コンテンツをお届けしています。

今日を振りかえると・・・
腕を天井の方へ何回あげたでしょうか?

意外と腕を真上まであげる事は
日頃少ないとおもいませんか?

台所で お料理の時に 高いところから

食器をとる・・
くらいかな~ 私の場合。

洗濯物を干しても

おそらく床方面から角度150 160度位でしょうか。

190度まで腕を上げる事って
ほとんど無いですよね。

ココがひとつのポイントと考えています。

日ごろの動きは同じ動きが多いです。

真上に腕を上げる事は
意外と少ないので

このときに使われる筋肉は
居眠りしやすかったり サボり気味

そして
使わずに固く細くなる可能性があります。

腕の角度が床から50度60度70度位の動きが
日常生活は多いのではないでしょうか。

そう考えると

この時に働く筋肉はいつも頑張りすぎているかもしれません

いつもたくさん使う筋肉と
いつもは使う頻度がすくない筋肉の差が

大きくなると

痛みや違和感の原因となる事が考えられます。

さぼりやすいだろう筋肉は
運動として意識的に動かしてあげること

いつも頑張り過ぎているであろう筋肉は
伸ばしてあげたりすることが

大切と考えています。

これらの運動が
体の不調というリスクを少なくする一助なります。

腕を上げる動作のように
毎日のなかで少ない動きは

今できる限り動く関節の角度(最大の可動域)を使ってゆっくりと丁寧にうごかして

数は少なくてOK。

まいにちの中に
ちょこちょこ取り入れて行きたいですね。

痛みがある場合は 痛みの出る手前まで・・ですね!

今日も最後まで お読みいただき
ありがとうございました。

3連休ですね。

明日 良い休日を!

 

【無料】メルマガ登録はこちらから!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

女性トレーナーによる女性のための整体とマンツーマン運動教室のお店 M&K.コンディショニングを運営しています、森貴代美と申します。

これまで 大手フィットネスクラブに勤務させて頂きマンツーマンで運動指導(パーソナルトレーニング)や健康運動指導士として市委託事業健康教室を担当させて頂きました。

また、バランスボールを使ったスタジオレッスンを担当させて頂く中、エクササイズには整体の理論が含まれていました。

なのので、仕事の傍ら 整体手技を学び、スタジオレッスンがより充実したものとなるよう励んでまいりました。

目次
閉じる