「たった5分!座ったままで・脱・冷え症」 健康運動指導士×シューマート シューフィッター コラボイベント 12月9日

え!?こんな関係が!足の指と腹筋の関係

はなさん

「しゃがもうとすると
体が後ろに行きそうで しゃがみにくいんです。
足首が硬いんですんかね~」

もり

足首の柔軟性は関係しているかも
知れませんね。

あと 足の指はどんなかんじかな~と
意識してみるといいかな~と思います。

はなさん

足の指?ですか?

もり

はい!足の指は
実は 腹筋などと関係があるんです。

はなさん

そうなんですね。
でも しゃがむ時って 腹筋つかうんですか?

もり

つかっているんですね。
体操もしながら
詳しく見ていきましょうか。。

はなさん

はい!

  • しゃがもうとすると
    体が後ろに行きそうで しゃがみにくい。
  • 腰痛がある
  • お腹周り最近 でてきているかも・・

このような お悩み事のある方にお役に立つ記事です。

目次

足首の硬さ・・・

しゃがもうとすると
体が後ろに行きそうでしゃがみにくい

と言った時、

足首が硬いということもあるかもしれません。

他にはお尻の辺りの筋肉の硬さもあるかもしれません。

色々な要素が考えられるわけですが
今回は足指に注目をしていきます。

足の指を見ていきましょう

足の指はどんな感じかな~と
意識してみることも一つのポイントです☝

足の指とお腹周りの筋肉の働きって
とても関係があります。

「しゃがむ」は

お腹の筋肉がとても使われています。

体が後ろにいかないように頑張っているのですね。

実験をしてみます。

実験をしてみます。

しゃがむ時に

足の指を床から浮かせてみます。

そうしますと体の後ろに倒れそうでなかなか安定しません💦

足指をしっかり床につけた状態でしゃがみます。

お腹に力が入り
先ほどよりしゃがみやすくなります

どうも 足の指の使われ方で
お腹の筋肉の働き方が変わってくるのですね!

私の足の指・・床からはなれているかも?

上記をみて

あっ そういえば
足の指いつも 浮き気味かも・・と
感じた方もおられるかも知れませんね。

大丈夫です。
ここに 簡単に出来る体操があるのでやってみましょう!

お試しいただくと その後足の指の感覚が違うと思いますよ。

また すぐに足の指が浮く感じに戻るかも知れませんが
日ごろこつこつやって行くことで
あ~ こうして 足の指が床についていたほうがいいのね~と
徐々に体が形状記憶していきます。

それでは やってみましょう!

足の指を床につける体操

足の指の爪を

手の指で床方向に垂直にじっくりと押します。

第1番目の指を押したら
第2番目の指⇒第3番目の指と押していきましょう。

爪の向きが床方向にむいていなかったら
床方向だよ~と教えてあげる気持ちで
押します。

例えば
第5番目の指の爪が
外側に向いているとしましょう。
専門用語ですと 内反小趾といったりします。

この場合も 外側にむいている爪を
床の方向にむくよ~と 教えてあげる感じで
爪を押してあげましょう。

両足五本の指を行ったら
楽に立ってみましょう。

足の指が床についている、または近づいている感じがあると思います。

腰痛やお腹周りが気になるといったときも役立ちます。

腰痛を改善していきたい時
腹筋の働きはとても大事になります。

もし足の指が床につきにくいなあと感じましたら
足の指に意識をしていただき
体操をすることで
普段の腹筋の働きがよくなるので
腰痛改善の一歩になります。

お腹周りが気になる時
腹筋の働きはとても大事になります。

もし足の指が床に気つきにくいなと感じましたら
足の指に意識をしていただき
体操をすることで
普段の腹筋の働きがよくなるので
お腹周りの引き締めが期待できます。

まとめ

時々足の爪を真上から押してあげましょう。

足の指が床をしっかり感じると
お腹や背中の筋肉は今
日も元気に働きます(^^)

【無料】筋膜リリース・たった一つのテニスボでからだ全体をゆるめる方法

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

女性トレーナーによる女性のための整体とマンツーマン運動教室のお店 M&K.コンディショニングを運営しています、森貴代美と申します。

これまで 大手フィットネスクラブに勤務させて頂きマンツーマンで運動指導(パーソナルトレーニング)や健康運動指導士として市委託事業健康教室を担当させて頂きました。

また、バランスボールを使ったスタジオレッスンを担当させて頂く中、エクササイズには整体の理論が含まれていました。

なのので、仕事の傍ら 整体手技を学び、スタジオレッスンがより充実したものとなるよう励んでまいりました。

目次