40歳以上の女性の方へ~
毎日がより快適になるヒントを
お届けしています

魔女の一撃

重いものを持ち上げたときに急に起こる腰痛

ぎっくり腰。
外国ではこれをこの世に言うようです。

さて

前回のブログでは
辛いぎっくり腰になったときに

気をつけておきたいポイントがある

と言うことを確認しました。

それは

「安静にしすぎないこと」

安静にしすぎると
筋肉の炎症の部分が治まっても
その後もその周りの筋肉が固まってしまう
と言う問題です。

これは防止しなければなりません。

筋肉が固まってしまうと
慢性腰痛の原因にもなり得るからです。

そのため痛みが0 から10 で表すとする
痛みのスケールが7~8くらになったら
痛みのない範囲で徐々に体動かしていくことが大切です。

このようにする事で
先ほどのかくにんした
筋肉が固まることを防ぐ事が出来ますし

痛みの回復が
スムーズになる事が期待出来ます。

具体的にどのような運動ができるのか
確認をしていきましょう。

その1:仰向けになり膝を立てて
両膝を左右にゆら~りゆら~りと
ゆっくり小さく揺らしてみます。膝を揃えて行なうことで
腰周辺の筋肉を動かしながら
ストレッチする事が出来ます。
ポイントは痛みの出る手前まで動かす事です☝

 

 

その2:両膝を立てたところから
片方の膝を胸のほうに抱えてきます。
これもゆっくりと行っていきましょう。
腰痛の時はお尻の筋肉が固くなり易いのでストレッチします。
またお腹の筋肉の運動・腹筋運動になりまます。

 

その3:その2が大丈夫のようであれば
足を伸ばして膝を抱えてみます

 

 

魔女の一撃がやってこない方ことが
1番なのですが

もし、万が一なってしまったときに

頭の片隅に置いといていただくと
お役に立てると思います。

ぎっくり腰は
3~4日で痛みが落ち着いてくることが
多いようです。

激しい痛みや
しびれを伴う痛みは
迷わずお医者さんへ相談いたしましょう。

また4日5日たっても痛みが変わらない場合も
ドクターへ相談を。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。
明日も良い1日になりますように♪

本日も最後までお読みいただき
ありがとうございました。

明日も良い1日になりますように♪