整体&セルフケア運動トライアルセッション開催中!!~8月28日まで

今ある体の筋肉が適切に使われると、出来なかったことが出来るようになることがあるということ。

鉄板のような肩をなんとかしたい!あなたへ

整体&セルフケア運動トライアルセッション開催中!

マンツーマン運動教室を2週間に1度のペースで ご利用頂いているAさん。

今日も楽しく ご一緒させて頂きました。

笑いが絶えない60分。

 あっ でも しっかり60分ご一緒にお体動かしていますよ😉

Aさんとのお話の中で

「そういえばね

自転車に時々乗るんだけど

家の前に上り坂があってね 

そこを

いつも 途中からは 自転車降りてひいていくの。

でも このあいだは

全部上り坂自転車でのぼっちゃったの。

脚の力がついたってことかな~?」

Aさんは 

お聴きしますと

こまめにご自宅で 体を動かして頂いているようです。

Aさんのおっしゃるとおり

コツコツとしたご継続が

筋肉量を増やしていることが考えられます。

いくつになっても

トレーニングすると

筋肉量は増えることが分かっています。

参考:筋力向上トレーニングの効果 (健康・体力づくり事業財団)

もう一つ考えられる事は

筋力の発揮の仕方が変わったと言う事

何考えられます。

言い換えますと、

目次

今ある体の筋肉が適切に使われるということ

Aさんは

この1~2ヶ月で

椅子の立ち座りの運動にて

脚の動きが

変わられて来ています。

最初は意識して 行って頂きましたが

今は

無意識で 変わられています。

お体が新しい形状記憶を

されたのですね。

具体的には

椅子から立ち上がるときに

いちど膝が内側に向く特徴をお持ちだったのですが

今は膝がいつでも前に向いています。

そうすると

椅子の立ち座りの際

お尻の筋肉がしっかり働いてくれるのですね。

これについてはこちらのブログに詳しく書いてあるので

まだご覧になっていない方はご覧ください。

自転車のペダルをこぐ動作を考えますと

椅子の立ち座りと同様の動き

(立ち上がるときも 自転車のペダルを下に踏むときも)

どちらもお尻の筋肉を使います。

自転車のペダルをこぐときに

お尻の筋肉をしっかり使われるこぎ方に

変わられてきているのではないかと言うことが

予想が出来ます。

そうすると

今までは 腿の前の筋や腿の内側の筋肉が

とても頑張っていたけど

お尻の筋がより働くようになったことで

いままでより 効率良く

ペダルをこぐことができると 考える事が出来ます。

つまり

同じように坂を登るのも 楽な感覚に感じる事が考えられます。

自転車をこいでいるお姿は

拝見していないので

これは 予想になりますが

関係があるのではと考えています。

股関節周辺の筋肉の使い方が

いい感じに変わられたのではないでしょうか?

と言う話をさせていただきました。

日ごろの生活のちょっとした変化を

敏感に感じとり

ご自分の体を把握なさっているAさん

素敵です。

お話頂きありがとうございました。

これからもしっかりとサポートをさせていただきます

【無料】メルマガ登録はこちらから!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

女性トレーナーによる女性のための整体とマンツーマン運動教室のお店 M&K.コンディショニングを運営しています、森貴代美と申します。

これまで 大手フィットネスクラブに勤務させて頂きマンツーマンで運動指導(パーソナルトレーニング)や健康運動指導士として市委託事業健康教室を担当させて頂きました。

また、バランスボールを使ったスタジオレッスンを担当させて頂く中、エクササイズには整体の理論が含まれていました。

なのので、仕事の傍ら 整体手技を学び、スタジオレッスンがより充実したものとなるよう励んでまいりました。

目次
閉じる